EN JP CN
 
愛康について
企業文化
社会的責任
愛康と環境
愛康と社会
愛康と社員
ブランド
投資者関係
製品とサービス
お問い合わせ
愛康と社員 ホーム / 社会的責任 / 愛康と社員
当社へご注目   印刷

社員へのケア


愛康は新しい企業で、社員もほとんど若いです。「家」の雰囲気をつくるために、愛康はいろいろとやっています。住まいや交通及び通信などのほうにできるだけ社員に便利を提供するだけでなく、様々な方法を通じて社員と疎通して、そっちの建議を聞きます。また、完全な給与体系も提供して、至れり尽くせりの人道的ケアや豊富多彩な文化活動をもって、愛康を活気に満ちる「幸せな大家族」になせます。

愛康は住まいや交通及び通信などのほうにできるだけ社員に便利を提供します。新入大学生が六ヶ月のうちに無料で会社の寮で住めます。江陰、張家港、無錫地域の社員が毎日通勤バスを利用でき、マイカーのほうは手当があります。一方、社員は毎月一定の通信手当があります。お祝いの日、例えば、中秋節や端午節及び「3月8日の女性ディー」など、愛康は関係の福祉をあげます。

愛康は一貫して社員の成長や発展を人力資源管理の中心にしています。愛康テックは実績管理と職業発展管理を結びつける標準な管理プロセスを立てて、はっきりした職業生涯発展のガイドラインを通じて、社員に管理発展と専門発展という二重の昇進発展ルートを提供します。なお、愛康は全面、システム的、完全な給与体系を具えて、年ごとに実績とCPIの上げ幅によって給料を調整します。

2009年、愛康ビジネススクールが総合的、マルチフォームの、実効を大切にする電子的学習プラットフォームをつくりました。2011年まで、ネットワークコースがすでに1000以上になりました。このビュッフェ的な勉強モードは社員に人気があります。2010、2011年の学員参与の比率が90%以上に達し、今までもう愛康教育訓練分野の大きなブランドになりました。また、愛康テックの現場教育訓練もいろいろな形があります。例えば、新入社員の就職教育訓練、職場教育訓練、技能教育訓練、昇進教育訓練、部門の形で展開する自己学習、個人昇進を含むリーダーシップの教育訓練。今後、愛康が次第に自分の講師チームを立て、企業大学を設置します。

ところで、愛康内部刊行物が企業の文化を伝える大切なキャリヤーで、企業の内部宣伝や交流のプラットフォームであります。2009年5月、『愛康人』という新聞が創刊され、今まで30回も発行しました。愛康内部刊行物はずっと社員に優れる文化を伝えるのにつとめています。このうちにも大量の文字的資料を積み重ね、愛康の成長や発展を記録する真実な読本になります。

それ以外、会社のたくさんのふるまいも社員に対する人道的ケアを体現しています。例えば、会社は社員の誕生日にお祝いのお金をあげ、年ごとの年末に新年カレンダーと年賀状を贈ります。また、新年の初めの通勤の日に「幸先よいスタートを切る」のお金があって、社員が結婚、出産、直系親族がなくなる場合、お祝いやお悔やみ金ももらえます。集団の人力資源センターがもっぱら「社員サービス部門」を設置して、月ごとに社員に満足度調査を行ないます。また、社員が提出する意見や建議について、専門的人力資源要員より追跡や改善を行います。

また、社員に家の雰囲気をたくさん感じさせるために、愛康テックは豊富多彩な文化活動を開催します。一年一回の「クラシックフェスティバル」のオクトーバーとにぎやかな年会のほかに、形の多い文化やスポーツ活動もあり、仕事が終わってからの生活も楽しくなります。例えば、社員集団結婚式、おもしろい運動会、社員ビリヤード、ピンポン試合、「愛と一緒、愛康で会う」青年聯誼会など。

愛康のスター台湾観光送別会
2011年愛康社員の集団婚礼1
2011年愛康社員の集団婚礼2
   
2012愛康社員ビール祭り
2012年愛康社員のOKカラオケ大会
愛康が主催した女性デー「ハッピーキッチン」活動
   
1
 
© 2012 江蘇愛康科技股份有限公司  サイトマップ  プライベートポリシー  ユーザーログイン ICP:12547785