EN JP CN
 
愛康について
会社の概況
当社のお客様
当社ニュース
企業文化
社会的責任
ブランド
投資者関係
製品とサービス
お問い合わせ
当社ニュース ホーム / 愛康について /
当社へご注目   印刷

今年は「コスト削減、実績審査、なるべく節約」という三つのことをよく行います

発表期日:2012-07-30  閲覧数:3995



   7月29日の午後、2012年愛康集団上半期管理会議が集団行政ビルの報告室で主催され、愛康集団の取締役社長の鄒承慧が会社の高層管理者全員と共に今回の会議に出席しました。経理以上の集団管理者は150人ぐらいいました。

   まず、集団副社長の金属事業部の総経理の李家康が金属事業部の上半期経営状況及び市場状況について深く分析しました。李家康によりますと、金属事業部は2012年の下半期、フレームやサポート及び他の金属加工品という三つのほうを中心にして、「開拓、最適化、コスト削減」の三つの措置を通して、金属事業部の持続的な発展に努めるつもりです。その後、新材料事業部の総経理の韩継昌が販売、調達、生産運営、品質、技術研究開発、団体建設などのほうをもとにして、上半期の実績をまとめ、新材料事業部は下半期「コスト削減、品質保証、技術開発」を通じてコア競争力を高めると言いました。また、電力事業部の総経理がグローバル生産量も増えつつあり、国内地面太陽光発電所の建設状況も良好であるので、電力事業部は今後の事業に対する自信を持っていると示した。それに、電子インキュベーター·プロジェクトチームの担当者の王治宝がプロジェクトチームの製品について詳細なレポートを出した。また、集団戦略発展センターの運営最適化部のディレクターの朱東昇が3iイノベーション·プラットフォームの建設状況を詳しく紹介して、イノベーションを愛康のDNAになさせるつもりなら愛康全員の力が必要と強調した。

   会議の最後に、取締役社長の鄒承慧がまとめて発言した。ケニアウィルドビーストの大移動を目前の太陽光発電産業の現状の喩えにして、ウィルドビーストが移動するのに通過しなければならない河の中にさまざまな危なさがいっぱいあるけど、この危なさこそ適者生存のプロセスを完成します。産業ごとにクレストやトラフの時期がある。太陽光発電産業は2000年からずっと盛んでいて、業界が低迷だけど、20%の成長率を保っているから未来の前景が明るいとわかります。目の前、愛康は「コスト削減、実績審査、なるべく節約」という三つのことをよく行い、「顧客第一、拠出ベース」の価値観をしっかり覚え、河を渡るために一緒に努力して最後に勝利の岸にたどり着きます。

 
© 2012 江蘇愛康科技股份有限公司  サイトマップ  プライベートポリシー  ユーザーログイン ICP:12547785